本ページはプロモーションが含まれています。

漫画

そして気づく結末4話ネタバレ!最終回はどうなったのか感想と考察

Pocket

この記事では、そして気づく結末4話ネタバレ!最終回はどうなったのか感想と考察と題してお届けしていきます!

3年前に癌で亡くなった妻・瑞希と奇跡的に再会した五十公野総一郎。

しかし、その再会には期限があり、やがて瑞希は再び姿を消してしまう。

『そして気づく』結末4話では、総一郎と瑞希の別れのシーンや、その後の総一郎の人生が描かれます。

この記事では、『そして気づく』結末4話のあらすじとネタバレ、感想と考察を紹介します。

ぜひ、最後までお付き合いくださいね!

そして気づく結末4話あらすじネタバレ


総一郎は瑞希にネックレスをプレゼントしようと家に帰りますが、そこには瑞希の姿はありません。

代わりに置いてあったのは、瑞希が書いた手紙でした。

手紙には、瑞希が流れ星に願ったことや、総一郎への感謝と愛情が綴られていました。

瑞希は自分の死後も総一郎のことを心配しており、もう一度会って幸せな思い出を作りたかったと言います。

そして、総一郎に自分を忘れることなく前に進んでほしいと伝えます…。

そして気づく結末4話ネタバレ


短編である『そして気づく』ですが、具体的にどのような話なのでしょうか?

最終回4話のネタバレを紹介していくので、ぜひ最後までご一読ください。

そして気づく最終回4話ネタバレ|元嫁の正体は何者?

手紙を読んだ総一郎は涙を流しながら、瑞希が本当に死んだことを受け入れます。

そして、彼女がどうやって再会したのかも理解します。

瑞希は癌で亡くなる前、流れ星に願い事をしました。

その願い事とは、もう一度だけ総一郎に会って幸せな時間を過ごしたいということでした。

その願い事を聞いた流れ星は、彼女にもう一度生き返るチャンスを与えました。

しかし、その代償として、期限を過ぎたら二度と会えなくなることも告げます。

それでも瑞希は願い事を叶えてもらうことを選びました。

つまり主人公の元に現れた瑞希は、星に願った3年前の瑞希ということになります。

夫を想う妻が起こした奇跡が、この漫画のテーマなのでしょう。

そして気づく最終回4話ネタバレ|総一郎の決意

手紙を読んだ後、総一郎は自分の部屋に行きます。

そこには、瑞希が着ていた服やネックレスが残されていました。

それらを見て、総一郎は改めて瑞希への愛情を確認します。そして、彼女の言葉通りに自分を忘れることなく前に進むことを決意します。

彼は仕事にも真面目に取り組み始め、同僚や友人ともコミュニケーションを取るようになっていきました。

今までの自堕落した生活を見直し、彼女に恥ずかしい姿を見せないよう前を向いて歩いていきます。

総一郎は瑞希との再会が自分の人生を変えたことを感謝し、彼女の分まで生きていくことを誓うところで、最終回を迎えました。

そして気づく最終回4話ネタバレ|これからの総一郎

3年前に亡くなったはずの妻が、奇跡の力で総一郎の元に現れ、励ましの言葉をかけてくれました。

亡くなった後でも、自分を心配してくれる妻の姿を見て、総一郎は生きる希望を見出していきます。

ゴミも出さず、料理もしない総一郎の姿はなく、今では生きる活力を目に宿らせています。

これは、最後の奇跡を使ってでも、自分に会いに来てくれた妻に、恥ずかしい姿を見せたくないという総一郎の想いが感じられるでしょう。

一度は自殺を考えた総一郎ですが、妻の想いをくみ取った今なら、同じ過ちを犯すことはないはずです。

これからは、前向きに生きる総一郎の姿が見られそうです。

そして気づく結末4話の感想と考察

そして気づく結末4話は、総一郎と瑞希の別れと再生の物語でした。

瑞希が流れ星に願ったことが明かされたことで、彼女がどれだけ総一郎を愛していたかが分かったのではないでしょうか。

また、総一郎も瑞希の言葉を胸に刻み、自分を変えていく姿が感動的でした。

最後に新たな出会いが訪れたことで、総一郎の人生に明るい光が差し込みました。

美月という名前は偶然なのか、それとも何かの運命なのかはわかりませんが、総一郎が幸せになれることを願います。

まとめ


この記事では、そして気づく結末4話のあらすじとネタバレ、感想と考察を紹介しました。

この作品は、生きる意味や大切な人への想いを考えさせられる作品だと思いました。

読んだ後は涙が止まらない方も多いのではないでしょうか。

『そして気づく』は、めちゃコミックで3話まで無料で読むことができます。

興味のある方はぜひチェックしてみてください!