本ページはプロモーションが含まれています。

ドラマ

VIVANTドラマ結末ラストのネタバレ予想!あらすじ内容から徹底考察!

Pocket

2023年7月から放送されるVIVANT(ヴィヴァン)ドラマは、あらすじ内容を一切公開せず注目を集めていますが、雄大な自然でロケをしているということで、日本のドラマ史上最大規模の冒険ドラマになっていくのではないかと予想されます。

そんなVIVANTはどんなあらすじ内容から、結末ラストに繋がっていくのか気になりますよね。

そこでVIVANTの結末ラストについて、あらすじ内容から結末がどうなるのか考察していきたいと思いますので、今回はVIVANTドラマ結末ラストのネタバレ予想!あらすじ内容から徹底考察!と題してお届けしていきます。

VIVANTドラマ結末ラストのネタバレ予想!

VIVANTドラマはどういった結末に繋がっていくのかネタバレ予想していきます。

結末ラストはどうなる?

VIVANTドラマの結末ラストは、あらすじ内容も公開されていないためなかなか予想が難しいですが、雄大な大地を誇る「モンゴル」にてロケを2ヶ月半以上も行っているので、現在社会の中生死をさ迷うサバイバル×アドベンチャー(冒険)と、複雑な人間関係を交えたドラマになっていくのではないかと予想します。

VIVANTドラマの予告編では内容に関する情報は公開されていませんでしたが、主人公演じる堺雅人さん含め5人にはテーマと思われる文字が登場しました。

それぞれの登場人物にはテーマが?

①堺雅人=信念

②阿部寛=執念

③二階堂ふみ=愛

④松坂桃李=信頼

⑤役所広司=正義

それぞれテーマに掲げた熟語を並べると、「念」が2つ、そして「信」が2つありますので、特に「信念」が色濃くでそうです。

結末ラストでは、それぞれがテーマとして掲げる熟語がどう繋がっていくのか気になりますよね。

またVIVANT(ヴィヴァン)というタイトルですが、フランス語で「生きている」という意味の他活気があって賑やかであるという意味も含まれています。

”生きる”という意味から考えるとサバイバルで生き残りをかけて冒険や戦いを繰り広げていくと予想できそうですが、その戦いが銃やナイフではなく頭脳戦になるのではないかと思います。

そして主人公演じる堺雅人さんの前に立ちはだかる、敵か味方かわからない人物たちが合計4人登場するのもドラマのキーとなっていき、その中で堺雅人さんを裏切る人物「黒幕」が現れ一騎打ちになっていくと考察します。

最終的にVIVANTドラマは、予想もしない展開を迎えていくと思いますが、どんでん返しをしてくれることを期待したいですね。

とんでもないどんでん返しを期待できるのは、あの日本中を虜にしたドラマ『半沢直樹』を監督した、福澤克雄監督だからできるのではないでしょうか。

VIVANTドラマ結末ラストをあらすじ内容から徹底考察!

VIVANTドラマ結末ラストを、公開されたあらすじ内容から徹底考察していきます。

雄大な自然で繰り広げられる現代的サバイバル

VIVANTドラマの内容やあらすじに関しては一切明かされていませんが、雄大な自然を誇るモンゴルにて2ヶ月半にも及ぶ長期海外ロケをしていることがわかりました。

そして内容とリンクすると思われる画像がいくつか公式ツイッターに投稿されています。

  1. 砂漠の中を彷徨うように歩く堺雅人
  2. 堺雅人の服装は「スーツ」
  3. 乾いた砂漠に佇むラクダが1匹
  4. 占い
  5. 神田明神

「砂漠の中を彷徨うように歩く堺雅人さんは、乾いた砂漠に佇む一匹のラクダのように身寄りもなく味方してくれる人が全くいない状況である」

砂漠のシーンは、過酷な現代社会で働く人たちを表す比喩的なオープニングシーンだと思われます。

というのも堺雅人さんはスーツを着ているからです。

もし本当にアドベンチャー系の作品であれば、それらしい服装をするはずですが、なぜかスーツ姿なのです。

ということは物語の舞台はビジネスをする現代社会にあると考察します。

スーツ姿に砂漠の意味

主人公を演じる堺雅人さんは乾いた地へ冒険するかのようにとんでもない企画や提案をしますが、全く相手にされず見方もいない状況。

そんな現代社会でさまざまな困難を乗り越え、最終的に真の味方をつけていく?

 

そんなVIVANTドラマでは、生死をさ迷うまでの限界に近い極限状態まで陥る状況の中、主人公が必死に生きる物語を作り出していくのではないかと考察します。

過去と現在が交差する

VIVANTドラマの撮影現場では、時代背景の違うような衣装が用意されています。

また一昔前の囚人服と思われる衣装もあり、一昔前の牢屋も公式ツイッターにて投稿されていましたので、現在の話が進行するだけではなく、過去の話も交えながら進行していくのではないかと考察します。

砂漠でたった一人見方もいない状況になった主人公堺雅人さんの過去についての物語が繰り広げられていくのか、それとも輪廻転生で堺雅人さんが現代で何かを成し遂げるのか妄想が膨らみます。

というのも公式ツイッターにて「占い」や「寺」「おみくじ」など度々スピリチュアルなものが登場するので、堺雅人さんは誰かの生まれ変わりとして登場すのかもしれません。

そう考えるとVIVANTのタイトルでもある「生きている」という意味に近づくのではないでしょうか。

VIVANTドラマ結末ラストについてみんなの反応は?

VIVANTドラマの結末ラストや内容について、みんなの声をまとめていきました。

VIVANTドラマ結末ラストみんなの声まとめ

VIVANTドラマは内容あらすじが公開されていないうえ、モンゴルで撮影しているということで想像を搔き立てるような展開を迎えていますが、「楽しみ」という視聴者の声が続々と寄せられています。

VIVANTというタイトルから、「生きている」という意味だけではく、ANT「蟻」から考察する声も寄せられていましたが、まだまだ内容は謎に包まれています。

スパイ系の話ではないかという声もあがっていますが、ラスト結末は一体どうなるのか予想もできない展開を迎えそうですよね。

まとめ

VIVANTドラマ結末ラストのネタバレ予想!あらすじ内容から徹底考察!と題してお伝えしました!

VIVANTドラマ結末ラストをあらすじ内容や出されたヒントから徹底考察していきましたがいかがでしたでしょうか。

全く予想しない展開を思わせるVIVANTドラマは、内容あらすじも公開されていないため、全てを現場からの写真から予想しなければいけないので、想像を搔き立てられますよね。

今後放送日が近づくにつれもっとあらすじや内容についての情報が解禁されると思いますので、随時新しい情報を更新していこうと思います。