本ページはプロモーションが含まれています。

エンタメ

タッカンジョンの最終回結末ネタバレ試される親子の愛と絆?

Pocket

2024年3月15日より配信開始されるNetflix独占配信の韓国ドラマ、タッカンジョンはキービジュアルが既に面白いことや、イ・ビョンホンが脚本・演出・監督を務めるということで配信前から注目が上がっていますね!

タッカンジョンは、ヤンニョムチキンのように甘辛のソースがかかった鶏肉料理を指す言葉なのですが、タッカンジョンと大々的にタイトルにあるように「食べ物=タッカンジョン」になってしまった娘を救い出すという、とんでもない脚本で描かれる作品です。

果たして最終回結末では娘は人間に戻ることができるのか気になるところですよね。

そこで今回はタッカンジョンのあらすじや、原作の有無、最終回結末のネタバレ内容など以下の通りにお伝えしていこうと思います。

  • タッカンジョンの原作はある?
  • タッカンジョンのあらすじは?
  • タッカンジョンの最終回結末ネタバレ
  • タッカンジョンの最終回結末の感想と結末

タッカンジョンの最終回結末ネタバレ!

2024年3月15日からNetflixより配信開始される韓国ドラマタッカンジョンは、良い意味で”くだらない””内容が予想できずに面白い”と言われている作品です。

まず主人公が娘と父親と、娘の想い人という部分や、肝心な娘は食べ物に変身してしまうという奇想天外な展開はどんな最終回結末を迎えるのか想像が膨らみますよね。

ここからはタッカンジョンに原作はあるのかどうか、ドラマのあらすじや最終回結末ネタバレについて順番にお伝えしていこうと思います。

タッカンジョンは原作はある?

タッカンジョンはウェブトゥーン漫画同名作を原作とした作品

タッカンジョンは作家パク・シドクさんが韓国大手配信サイト「ウェブトゥーン(WEBTOON)」にて掲載した作品で、2019年には『NAVER WEBTOON』コンテストにて優秀賞を受賞しています。

ウェブトゥーンにて受賞するほど人気を集めたタッカンジョンは、今回イ・ビョンホン監督・脚本・演出の元、原作の魅力を最大限に引き出しながらドラマ化されることが決定しました。

一口サイズに揚げられ甘辛ソースに絡めた韓国のソウルフード、タッカンジョンに変わってしまった娘を救い出すためにという脚本ですので、予想もできないような展開にドキドキしながらも、爆笑してストレス発散になるようなコメディ作品になっているでしょう。

タッカンジョンのあらすじ

タッカンジョンのあらすじ

機械メーカーで社長をするチェ・ソンマン(リュ・スンリョン)は、娘を溺愛するパパ。

そして社長の娘チェ・ミナ(キム・ユジョン)に片思いするのは、大学のインターンでソンマンの会社に入社してきたコ・ペクジュ(アン・ジェホン)は、日々社長との掛け合いを楽しんでいる様子で仲がいいようだ。

ある日ミナは、父の会社にタッカンジョンを差し入れに尋ねると、不思議な機械を見かけそのまま中に足を踏み入れてしまう。

そこでタッカンジョンを一粒落としたことで機械の中で「タッカンジョン」と叫んでしまう。

すると機械の中に居たはずのミナは消えてしまい、そこにはタッカンジョン一粒だけが残っていた。

なんと”娘のミナはタッカンジョンになってしまった!”

ここから社長のソンマンと、ペクジュは二人で協力し、娘のミナを人間に戻すための奇想天外な冒険が始まる。

韓国のソウルフードである鶏のから揚げに変わってしまったミナを救うために、その場にいた父ソンマンとペクジュは協力し始めると思われますが、果たしてミナを人間に戻すことができるのでしょうか。

最終回結末ネタバレ予想|奇抜な設定で予想できない展開

娘を人間に戻すというシンプルな脚本でありながら、そこにはたくさんの人間ドラマが詰まっていると予想されるタッカンジョン。

食べ物に変わってしまった娘を救う奇抜な展開は、内容が全く予想できないため1話1話内容を楽しみにできそうですよね。

コミカルな部分が大々的に描かれると思われますが、笑いあり涙ありで感動的な父と娘の再会シーンも描かれるのではないでしょうか。

またミナに片思いしているペクジュは、ミナの父と共にミナを人間に戻すために協力し合うことでより絆を深め「娘を嫁にやってもいい」という展開も考えられそうです。

どちらにせよ、ミナよりもソンマンとペクジュをメインとした男くさく、どんくさい二人のやり取りが面白い内容になっていくのは間違いないでしょう。

最終回結末ネタバレ予想|タッカンジョンの意味

韓国人にとって親しみのある食べ物「タッカンジョン」に娘が変わってしまったというのはどういった意味が含まれているのでしょうか。

例え娘が”姿形が変わっても”父親の愛は変わらないのか試されているような意味も感じられますし、笑いを誘う要素として”とんでもない脚本に仕上げた”という意図も考えられます。

非常に面白い脚本の中で、繰り広げられる父と娘のドラマ、その一方ミナに片思いするペクジュの思いが詰まったドラマも描かれるとのことなので、父の視点、男性からの視点でミナに対する気持ちを見れるのではないでしょうか。

最終的にはミナは人間に戻されると思われますが、誰かがまた同じような被害に遭わないように機械の処分はしっかりしてほしいばかりですね!

タッカンジョンの最終回結末の感想・考察

タッカンジョンの最終回結末の感想と考察をしていきます。

くだらなくて最高に面白い娘のとってのヒーローたち

タッカンジョンはウェブトゥーン原作を元に、原作になるべく忠実にドラマが仕上がっているといいますが、最終回結末についてはネタバレ情報が公開されていないため完全に予想になりますが、誰もが感動して笑顔になるハッピーエンドを迎えると考察します。

必ずミナをタッカンジョンから人間に戻すと意気込む、父ソンマンとペクジュは最終的にミナを人間に戻すことができると思いますが、人間に戻ったミナはタッカンジョンになってからの記憶がないと思われますね。

人間に戻ったミナは絆を深めたソンマンとペクジュの姿に最初驚くのかもしれません。

また、ミナを人間に戻すまでに様々な難間を乗り越えなければならない事態に、父ソンマンとペクジュは巻き込まれていくと予想します。

何をしてもダメで諦めなければならないというシーンも登場し、涙を誘う瞬間が訪れる可能性もありそうですね。

この時父ソンマンの選択や、ペクジュが最後にとった行動など、ミナに対する思いが試される展開が描かれるでしょう。

最終的に人間に戻ったミナですが、これまでの奮闘劇を二人から聞いて、父とペクジュがどれだけ自分を愛してくれているか実感する時がくると思います。

まさに二人はミナにとって最高のヒーローとなる最終回結末になると思います。

笑いも涙も誘うラストに、タッカンジョンが食べたくなるかもしれませんね。

まとめ

タッカンジョンの最終回結末ネタバレ試される親子の愛と絆?と題してお伝えしました。

タッカンジョンはウェブトゥーン作家による同名作をドラマ化した作品です。

最終回結末は公開されていませんが、タッカンジョンになってしまった娘を人間に戻すため奮闘する、父と娘に片思いする男の姿が描かれると予想できます。

第三者からみればオバカに見えるかもしれませんが、彼らの行動は”愛”に満ち溢れていたと最終回結末を迎えるころ見えてくるのかもしれません。