MENU

本ページはプロモーションが含まれています。

エンタメ

蜜と毒の原作漫画の最終回結末ネタバレ!復讐心に燃える大塚と優梨子再び

Pocket

一度足を踏み込んでしまったら抜き出せなくなる不倫のように一度読みだしたら止まらない不倫漫画として話題を呼んだ作品「蜜と毒~逆恨みの復讐」が、2024年1月10日(水)深夜24時から入来茉里さんと白石隼也さん夫婦役W主演&W不倫で完全ドラマ化されることが決定しましたね!

W不倫した主人公たちが歩む衝撃的な最終回結末はどんな展開だったのか、ドラマを見る前に知っておきたい人も多いのではないでしょうか。

穏やかに与えられた蜜、そして身も精神もズタボロになるような愛は毒そのもの。

今回は蜜と毒の原作漫画の最終回結末ネタバレ!復讐心に燃える大塚と優梨子再びと題して、蜜と毒の原作漫画の最終回について、今作のあらすじと合わせネタバレしていきます。

蜜と毒の原作漫画の最終回結末ネタバレ!

蜜と毒「蜜と毒~逆恨みの復讐」は原作漫画柏屋コッコさんが描く夫婦W不倫の漫画です。

数多くの電子書籍サイトで配信され、不倫相手のありえないほどの執着心と暴走ぶりに読者が夢中になりました。

そんな蜜と毒は第40巻80話で最終回結末を迎えていますが、主人公夫婦らは不倫相手の地獄のような毒から抜け出すことができたのでしょうか。

蜜と毒~逆恨みの復讐あらすじ

蜜と毒~逆恨みの復讐原作漫画のあらすじ

妻の小坂マチコと商社に勤めるサラリーマン夫の亮平は結婚13年目の夫婦。

そんなマチコは二人の子供をもつ主婦ですが、仕事復帰し現在は仕事と家事、育児の両立をしながら亮平を支えのでした。

マチコパートタイムに出かける会社では早めに出勤し、デスクを片付け花を飾るのを習慣にしていましたが、周りはマチコをどうやら疎ましく思っている様子。

そんな若い男性社員の大塚圭介だけはマチコを職場でフォローしてくれる存在でした。

ある日、いつもと同じようにパートへ出ようとしていたマチコの前に不快なゴミが敷地内に落ちているのを見つけます。

嫌な一日の始まりとしても気にしないことにしたマチコは、その日の帰りに甘い香りがする若い女性から声をかけられることに…。

彼女はお手洗いに困っているようなのでマチコは家に彼女を上げるのですが…

※ドラマではマチコは妊活を諦め仕事復帰する設定になっていますが、原作漫画では二人の子供がいる設定です。

最終回結末ネタバレ|Wで不倫相手に逆恨みされる

マチコが自分の家に上げたトイレに困っていた女性、実は亮平の不倫相手=優梨子だったのです。

しかも近所で不快なゴミを置いたのも優梨子でした。

優梨子はマチコに嫌がらせをし子供にまで手を出すほどの地雷女だったのです。

しかも優梨子は亮平が務める会社の社長令嬢で別れようとしても別れられない状況でした。

一方亮平の不倫を知ってショックを受けたマチコは、職場で優しくしてくれる大塚に惹かれ不倫をしてしまいます。

マチコは確かにやさしくしてくれる大塚に惹かれていましたが、大塚は本気でマチコを手に入れようとしているようです。

ですがマチコは子供もいますし大塚からの”本気”に応えることはできません。

また本当は不倫を知っていても亮平のことを愛しているのです。

すると大塚は人が変わったかのように「復讐してやる」と言い出しマチコを脅すのでした。

最終回結末ネタバレ|不倫が会社にバレて

社長令嬢との不倫が会社にバレてしまった亮平は、シンガポールへ2年間の左遷命令が下されます。

それまで優梨子と大塚の嫌がらせにおびえながら過ごしていたマチコと亮平にとってこの命令は自分たちの転機でした。

やっと優梨子から逃れられると思った亮平は喜んでシンガポールへ向かい、その間も毎日仲直りしたマチコと子供たちとはビデオ通話で連絡をとりあっていました。

まるで不倫騒動がなかったかのように仲直りしているマチコと亮平でしたが、亮平がいない間も大塚はマチコのストーカー行為を極め部屋に仕掛けた盗聴器で毎日マチコと亮平の会話を盗聴していたのです。

一方で亮平との想像妊娠で騒動を起こした優梨子は病院から抜け出した様子。

傷心に浸る優梨子を由伸は献身的に尽くし、優梨子と由伸はくっついてハッピーエンドを迎えるかと思われました。

最終回結末ネタバレ|2年後に大塚と優梨子再び

2年後シンガポールから帰国することになった亮平、そして空港へ子供たちと迎えに行くマチコもやっと家族団らんが揃って幸せな日々を過ごせると安心した様子でした。

しかしそこには盗聴していたらかこそ、亮平の帰国のタイミングを知っていた大塚と、そしてグルになっていた優梨子の姿が。

そしてなんと二人の手にはそれぞれ包丁が握りしめられていて…。

マチコと亮平の人生は大塚と優梨子の手によって地獄に落とされるのでした。

蜜と毒原作漫画の最終回結末の感想・考察

蜜と毒の原作漫画の最終回結末について感想と考察をしていきます。

不倫の末に待ち受けるのは悪夢そのもの

最終回結末ではマチコと亮平が仲を取り戻し家族みんな全員で過ごせるかと思いきや、ここで【蜜と毒~逆恨みの復讐】というタイトルを全て回収したと感じましたね。

尋常じゃないくらい執着心が強い女と不倫してしまった亮平に関しては、あるいみ不憫に感じることもありますが元はと言えば不倫したほうが悪いと思います。

また亮平からの愛情不足でマチコも不倫してしまうなんて最悪ですよね。

しかもマチコの不倫相手も地雷系だったとは、なんとも不幸な夫婦です。

最終的にもとの鞘のように戻れると思うな!という結末を迎えましたが、非常に後味が悪いですね。

ですが途中にあったありえんくらいの大塚と優梨子の暴走は見ていてハラハラさせられたので、そこはとても楽しめたと思います。

最後に残る感想は”不倫は怖い”ということです。

まとめ

蜜と毒の原作漫画の最終回結末ネタバレ!復讐心に燃える大塚と優梨子再びと題してお伝えしました!

蜜と毒原作漫画ではドラマのマチコの生活環境など細かな設定が違っていますが、ドラマでは優梨子と大塚の狂気っぷりを原作通りに描いてほしいものですね!

蜜と毒の原作漫画の最終回結末は非常にハッピーエンドからほど遠い物でした。

一回踏み入れてしまったところからは二度と戻れないという教訓を得られそうな作品になっていますので、気になった人はドラマと原作漫画も合わせて見てみてくださいね!